最高の指輪でプロポーズ大作戦 » これで失敗しない!プロポーズの手順AtoZ » ネットで見つけたリアルなプロポーズ失敗談

ネットで見つけたリアルなプロポーズ失敗談

こちらは、実際にあったプロポーズの失敗談を紹介しているページです。男女両方の意見を掲載しましたので、参考にしてください。

男性が語るトホホプロポーズ失敗談

・緊張しやすいので、いつもの感じでデートの終わりにファミレスに行ったときに、何気なく「結婚しようか」と言いました。すると彼女はブチ切れて。「いろいろちゃんと準備して雰囲気つくってするもんじゃないのー!?」と大絶叫。大失敗でした。

あまりにも軽いトーンやムードのない場所だと女性もイヤなもの。せめて自宅をセレクトしてください!

・ロマンチックに観覧車の中で、頂上についたらプロポーズしようと決めていた。が、実際は隣の観覧車から丸見えで恥ずかしく、ちゃんとプロポーズすることができなかった

自分の羞恥心とプロポーズするという現実を秤にかけて、できそうな場所・時を選ぶことも大事。

・自分の中ではもう結婚でしょ!というくらい盛り上がっていたので精一杯のプロポーズを、成功する気満々でしました。しかし、彼女はまだ全然結婚なんて考えてなかったので、驚くくらいあっさり断られてしまいました。 

プロポーズ前に相手の結婚願望のリサーチを怠ったという、とんでもない失敗です。自分一人で盛り上がっていないか、普段の会話で探りをいれてみましょう。

女性が語るプロポーズお断り談

・友人に協力をお願いして、大々的なプロポーズを計画してくれました。でも、私は昔から目立つのが嫌いで、人に注目されるなんて苦痛!それを知っているのに、そんなプロポーズをしてきて!そのときは空気を読んで了承しましたが、あとで断りました。

彼女の趣味を把握しているはずなのに、プロポーズになると「盛大なサプライズの方が喜ぶはず!」「友だちがみんな協力してくれたら彼女もうれしいはず!」と"プロポーズハイ"みたいなテンションになってしまう男性は結構多いんです。あくまで主役は彼女なので、気をつけて。

・ある日、急に彼が給与明細を見せてきたんです。なに?と思っていたら、収入について細かく話をし始め…挙句の果てに「この歳でこれだけ頑張って稼いでいるし、すごく良いタイミングだから結婚しよう」と言われました。良いタイミングってあなたにとってでしょ?バカにされた気持ちになって別れました。

もちろん収入は結婚するには大切なことですが、タイミングじゃなくて「君と結婚したい」という思いをしっかりと伝えてください。この場合も「結婚したくてこれだけ頑張ったんだ」というプロポーズだったらOKだったのかも…。

・当時お付き合いしていた男性に、「選挙のサポートをしてほしいから結婚してくれ」と言われ、「??」でした。今までそんな話聞いたこともないのに!寝耳に水とはこのこと!そんな人生において重要すぎることすら相談がない彼とはやっていけないと感じて、お断りしました。

選挙ってだけでもびっくりなのに、サポート?結婚?とたしかに「??」しか浮かばない、自己中心的にもほどがあるプロポーズです。ひとりで突っ走ってしまうのは、本当にNGですね…。

まずは"彼女第一"で考えれば失敗も減ります

失敗談・お断り談からわかることは、「プロポーズは自分本位でしてはいけない」ということ。「自分にとって」タイミングが良い、「自分にとって」都合が良い、「自分が」やりたかったプロポーズをしたなど…プロポーズを成功させたいのであれば、彼女にとって今はベストなタイミングなのか、彼女にとってどのようなプロポーズがうれしいのか。きちんと考えてあげてください。

また、プロポーズは想像以上に緊張するもの。練習したって思ったようにはいかないし、予想外のトラブルも起こるものです。でも、そんな失敗は大丈夫!彼女のことを考えて計画し、準備し、行動すれば伝わります。女性にとってうれしいプロポーズとは、自分のことを考えて一生懸命やってくれたということなんですから。挙動不審になったって、言葉を噛んでしまったって大丈夫です。

とにかく「彼女のためにプロポーズ」だということ!これを忘れないでいれば大丈夫です。

↓↓失敗しないためには女性&先輩男性の話を読むのが一番!↓↓

20~30代未婚女性が語る!理想のプロポーズ座談会>>

30~40代既婚男性の体験談!俺たちのプロポーズ座談会>>