最高の指輪でプロポーズ大作戦 » これで失敗しない!プロポーズの手順AtoZ » プロポーズで花を贈るなら!花言葉ガイド

プロポーズで花を贈るなら!花言葉ガイド

このページでは、プロポーズの際のプレゼントとして、指輪と同じくらい定番となっているお花について紹介しています。花言葉を紹介するとともに、「プロポーズの際に花を贈られた」女性の口コミを集めました。

プロポーズをするのにふさわしい花おすすめ5選

赤いバラ 

花言葉:「情熱」「あなたを愛する」

花言葉を知らなくても情熱的なイメージのある真っ赤なバラ。女性が憧れを抱いている真っ赤なバラの花束をプロポーズの際にプレゼントすれば、男性の本気の愛を実感できるはず。

特に12本のバラは、ダーズンローズと呼ばれ、大切な人や恋人に贈ると幸せになると言われています。そして、その12本には「感謝・尊敬・誠実・信頼・幸福・愛情・情熱・希望・努力・永遠・真実・栄光」という意味があるそう!あまり大袈裟な演出が苦手な彼女も、12本くらいなら程よい量で素直に喜べるかも。

ロマンチストな彼女には、「結婚してください」という意味を持つ108本のバラの花束を贈るのもおすすめです。(ちょっと恥ずかしいかもしれませんが…) 

ピンクのバラ

花言葉:「恋の誓い」「温かい心」「愛を持つ」

他にも、上品・気品・美しい少女などの意味もありますので、可愛らしい彼女やおしとやかな彼女にはピッタリのバラです。101本のバラの花束には「あなただけ」「最愛」という意味が込められています。「恋の誓い」を「あなただけに」プレゼントなんてシャレてますよね。

101本になると持ち運びしづらいので、100本と気軽に持ち歩ける1本に分けるのも良いかも。デートのときに1本のバラをプレゼントし、デートの終わりに家などに用意しておき、プロポーズの際に100本のバラを。甘い演出にクラクラします。

白いバラ

花言葉:「尊敬」「純潔」「清純」

清潔感もあり、ウェディングドレスを連想する白いバラ。純粋で無邪気な彼女にはピッタリ!真っ白なバラを贈られたら「僕を君色に染めてください」なんて意味もありそうで、キュンとします。

99本のバラの花束には「永遠の愛」という意味があるそう。プロポーズにはピッタリですよね。

バラの花束番外編

バラの花束は本数によって意味合いが変わってきます。また、バラには他にもプロポーズに合いそうな色もあります。管理人がチョイスした本数・色を紹介します。

<本数>

  • 1本 「あなたが運命の人」
  • 3本 「愛している」
  • 4本 「一生愛し続ける」
  • 6本 「あなたに夢中」
  • 9本 「いつまでも一緒に」「永遠の愛」
  • 11本 「あなたは私の宝物」
  • 12本 「私の奥さんになってください」
  • 40本 「真実の愛」
  • 44本 「不変の愛を誓う」

<カラー>

  • 青バラ 「神の祝福」「奇跡」
  • 黄色バラ 「可憐」「あなたに恋しています」

彼女の雰囲気やあなたが伝えたい気持ちでカラーや数を決めてはいかがでしょう。

ひまわり

花言葉:「あなただけ見つめてる」

明るく元気な雰囲気を持つ彼女にはぴったりの花。太陽を見つめてぐんぐん伸びていくひまわりのように、2人の愛もぐんぐん成長させていけそうですよね。

定番のプロポーズではちょっと恥ずかしい…バラの花束を持ち歩くのはちょっと…という人におすすめです。

アートフラワー

アートフラワーって知ってますか?シルクなどの布でていねいに作られた造花のことです。見た目は本物のようで、作り物だなんて思えないほど!しかも、とてもオシャレで、しかも枯れることがないので、大切に扱えばずっと楽しむことができます。

新居に飾って思い出として大切にしていくこともでき、さらに愛のメッセージやプロポーズの言葉などを添えることもできるので、演出には人気が高く、ずっと色あせない思い出として飾っておく人も多い花です。

プロポーズでお花をもらった女性の感想

・プロポーズでバラをもらいました。しかもその中に指輪が!赤いバラにダイヤが輝いてとても素敵でした。一生の思い出です

・デートの待ち合わせ場所に行くと、彼が大輪のバラを持って立ってて、めちゃめちゃ目立ってました(笑)。デートの間中邪魔だったんですが、元々そんな抜けてる彼が好きになったというところもあったので、彼らしいなって思いました(笑)。

・彼の部屋に呼ばれていくと、部屋一面にバラが…。その場では嬉しかったのですが、彼がなかなか掃除しないから、枯れた花の処理が大変でした…身の丈にあったプロポーズが大事だなと思いました。

・ 「結婚してください」と言われて花束を渡されました。 嬉しかったけど、「お花はあって指輪はないんだ…」という気持ちが少しだけ残ってしまいました。

お花は演出アイテムのひとつ!メインに据えるのは危険?

お花は嬉しいけど、メインではなく、あくまで"サブ"の役割なのかも。プロポーズを演出するひとつのアイテムという意識で使ってみてはいかがですか?

↓↓お花もいいけど指輪も大切!婚約指輪紹介ページはこちら↓↓

手作り婚約指輪でサプライズプロポーズはこちら>>

セレブ御用達から王道まで!“買う”婚約指輪人気ブランド一覧はこちら>>