最高の指輪でプロポーズ大作戦 » これで失敗しない!プロポーズの手順AtoZ » 【番外】プロポーズ成功で終わりじゃない!?親への挨拶マナー白書

【番外】プロポーズ成功で終わりじゃない!?親への挨拶マナー白書

このページでは、プロポーズに成功して結婚を決めたものの、両親へのあいさつをどうしたらいいのかわからずにアタフタしている人に向けて、手順やポイントを紹介します。

あいさつまでの事前準備をする

①家族に結婚の意思を伝え、あいさつの日取りを決める

あいさつの日取りを決めたいからと自分の両親に都合を聞きます。ちょっと厳格な家だという場合は、まず「結婚を前提にお付き合いしている人がいる」というジャブを打っておきましょう。

結婚のあいさつは、女性の家から訪問するのがスマート。両親の負担にならないように昼時は避け、両親のお休みの日を選ぶようにします。近々ではなく、2週間は余裕がある日程で調整することを心掛け、時間は14時くらいを目安に。(相手や自分の家族の希望時間がある場合は当然そちらを優先)最近では、お店をとって顔合わせを行うケースも増えています。その際は、個室・半個室になっている静かなお店を予約しましょう。多くの場合は和食のお店であれば問題はないでしょう。事前にアレルギーや好き嫌いなどを聞いておくのを忘れずに。

②両親に相手のことを伝える

性格や仕事、趣味、家族構成など、基本情報は事前に伝えておきましょう。一番大切なのは、「相手の人となり」「相手のいいところ」を伝えるということ。自分が選んだ人は、こんなに素晴らしい人なんだよ、というのが家族に伝えられれば、当日の顔合わせがスムーズになるはずです。

③両親について情報交換

当日はとても緊張しますので、事前に話すことを考えるためにも、性格や趣味など基本情報は彼女と交換しておくことをおすすめします。当日避けたい話題なども話し合っておきましょう。とくに男性が気になるのは、彼女のお父さんのことのはず。「娘はやらーん」とか言われないかなとか、「一発殴らせろ!」なんて展開になったら…と心配している人もいるのでは。彼女のお父さんの、たとえば好きな野球チームなど、会話のとっかかりにできそうな話題を聞いておきましょう。ちょっと姑息な手ですが、自分のことを1.5倍くらいイイ風に伝えてもらうのもいいですよ(笑)。

POINT

結婚の意思さえお互いに確認できれば、あとは何よりも両親の了承を得ることが最優先事項です。上司や友人に伝えるのも、了承を得てからです。先走らないよう気を付けましょう。また、式の準備もまだしないように!了承も得ていないのに、日程や場所などを決めてしまうと、そのこと自体に不信感を抱く親もいるはず。一歩一歩進んでいきましょう。

当日気を付けるべきこと

服装&身だしなみ

セミフォーマルな装いがベスト!女性はワンピースやスーツ、男性はワイシャツにネクタイ必須です。清潔感に気を付け、事前に美容院でさっぱりし、服もクリーニングに出しておくと印象アップ。女性はナチュラルメイクや適度なヒール、おとなしめのアクセサリーで行きましょう。男性は髭を剃って、軽く見られるアクセサリーは外していきます。

手土産を用意する

家にお邪魔するのですから、手土産は必ず用意します。当然ですが、相手の地元についてから相手の両親が知っているようなお店で買うのは厳禁です。相場は2000円~3000円で、お菓子を用意する人が多いよう。有名なもの、話題のもの、地元で評判のものを持っていくと話題作りにもなります。

できるだけ両親の好きなものをリサーチして、好みに合うものを持っていくと喜ばれます。自分がおいしいと思ったものであれば安心ですし、選んだ理由を伝えられるようなものだと話が弾みます。

当日のマナー

  • 5分前行動
  • 玄関先でコートを脱ぐ
  • きちんとあいさつしてから中にあがる
  • 靴を揃える
  • 下座に座る
  • 両親を○○さんのお父さん、お母さんと呼ぶ
  • 長居せずに失礼する

結婚あいさつまで

会ってすぐに「結婚させてください!」はおかしいですよね。いろいろと相手のことを知るべくおしゃべりを楽しみ、場がなごんだと思ったら、きちんとあいさつします。どちらの家でも、男性が率先して報告しましょう。

とくにカッコよく言おうとか考える必要はありません。誠実に、相手のご家族の顔を見て「○○さんと結婚させてください」と伝えればOKです。

失敗談

  • あまりに緊張して手が震えてしまった。挙句の果てに、カップをソーサーとぶつけてカチャカチャ…
  • 彼が驚くくらい緊張して何も言えず…沈黙が続いた末に、私の父から「あいさつはどうした?」と促されてしまいました。
  • 彼女のお父さんは現役警察官。しかも彼女は一人娘。もう最初から気合負けしてしまって、1回目のあいさつでは何も言うことができませんでした。リベンジの2回目でしっかりとお話して、なんとか許しをもらうことができました。
  • 結婚のご挨拶に彼女の家に行ったら、お父さんが「ふたりきりで話がしたい」と言われて、緊張が限界に達し、汗が止まらなくなってしまい、お父さんに心配される始末。頼りないやつと思われたんだろうなあと1週間ほど凹みました。
  • 服装には気を付けたつもりだったのですが、後ろから見ると下着が透けていたようで…後ろ姿にも気を配るべきだと反省しました。

最低限のマナーに気を付ければ、あとは笑顔でカバー

両親へのあいさつはフォーマルな場だと思うべし!「気軽に」「普段通りで」なんて言われても、絶対にいつも通りで行ってはいけません、それは罠です(笑)。常識があるかどうかをテストされる場だと思って、事前に訪問のマナーを徹底的に勉強しましょう。

ただし、精一杯学べば、あとは多少の失敗はご愛敬。清潔感あふれる格好で、笑顔で一生懸命対応していれば、悪い印象になることはありません。

↓↓このページを見ている人に人気のページ↓↓

20~30代未婚女性が語る!理想のプロポーズ座談会>>

30~40代既婚男性の体験談!俺たちのプロポーズ座談会>>