最高の指輪でプロポーズ大作戦 » 手作り結婚指輪ダイヤモンドでおすすめの石の大きさや品質とは?

手作り結婚指輪ダイヤモンドでおすすめの石の大きさや品質とは?

ダイヤモンドの品質

ダイヤモンドの「4C」とは、Cut(カット)・Color(カラー)・Carat(カラット)・Clarity(クラリティ)を言いますが、中でも最もわかりにくいのがこのクラリティです。

よく「品質」の意味を持つQuality(クオリティー)と混同されることがありますがそれは間違い。

クラリティとはそもそも「透明さ」を意味する言葉で、ダイヤモンドにおいてもその透明度を表す尺度に用いられています。

つまり、ダイヤモンドの原石に混入している不純物や傷などが少なければ少ないほど透明度が高く、品質も良いということなのです。

 

ランクは肉眼でも不純物や傷を発見できる「I」から、10倍の顕微鏡で拡大しても無傷に見える「FL」まで数段階あります。

ダイヤモンドのカット(輝き)って?

ダイヤモンドの輝きはCut(カット)で決まります。

カットが輝きを表す単位というのは奇妙に思えるかもしれませんが、これはダイヤモンドの輝きが表面の研磨とその形のバランスによって決定するため。

たとえ最高品質の原石があったとしてもカットによっては輝きが充分に発揮されない場合もあるなど、ダイヤモンドにとってカットは重要な過程です。

宝飾業界にはダイヤモンドカッターと呼ばれる熟練した職人がおり、優れたダイヤモンドカッターの中には世界的に名前が知れ渡っている人もいるほど。

ダイヤモンドのCutのランクはExcellent(最高)からPoor(劣る)まで5段階で、0.3ct以上のダイヤモンドであれば、輝きが最も増すExcellentがおすすめです。

ダイヤモンドのカラー(色)って?

ダイヤモンドの色合いにもランクがあり、無色透明のものから薄い黄色のものまで数段階に分けられています。

一般的にダイヤモンドは無色透明なほうがランクは高くなります。

しかし色付きだからと言って品質が劣るというわけではなく、ピンクやイエローやブルーなどはっきりと色のついているダイヤモンドは逆に希少価値が上がり値段も高くなります。

これは、なぜダイヤモンドにさまざまな色がつくのか未だ科学的に解明されてはいないことも大きいからでしょう。

婚約指輪に使われるダイヤモンドは無色透明のものが人気がありますが、色付きのダイヤが使われることも少なくはありません。

色付きのダイヤモンドと無色透明のダイヤと組み合わせて婚約指輪に使われることもあります。

ダイヤモンドの重さって?

ダイヤモンドの重さはCarat(カラット)という単位で表示されます。

1ct=0.2gで、カラット数が大きいほどダイヤモンドの直径も変わり大粒になっていきます。

婚約指輪として人気なのは0.3ct前後。

これは、0.3ct以下だとボリューム的にやや物足りなく見えてしまうから。

この場合、0.3ctの一粒ダイヤモンドでも、小さなダイヤをたくさん使って0.3ctにしても大丈夫。

トータル0.3ctにすることで華やかさが生まれダイヤの輝きが増すはずです。

婚約指輪を選ぶなら、個人的にはクラリティよりもこのカラット数を重視すべき。

無傷の0.1ctのダイヤモンドよりも、傷はあっても肉眼では見えない0.3ctの婚約指輪のほうが人から羨ましがられるからです。

ダイヤモンドの形って?

ダイヤモンドのカットには色々な種類があります。カットによって個性が出たり見た目の印象も変わるので、実際に身につけてみるか、ダイヤを贈る相手をイメージしながら選びましょう。

  • ラウンドブリリアントカット
  • ダイヤモンドを円形にカットする定番の技法。ダイヤの輝きを最大限に引きだすカットであり、中心から放射状に輝くよう設計されています。これ以外の形のダイヤのカットはファンシーシェイプという総称があります。

  • オーバルシェイプ
  • 真上から見たときに楕円形(オーバル)になるダイヤのカット技法です。ダイヤの大きさが引き立ち、色味もはっきりとわかるのでカラーストーンのカットによく用いられます。ダイヤに存在感が生まれるのでリングは合ったものを。

  • ペアーシェイプ(ティアドロップ)
  • 一方の先端が尖っている洋梨(ペアー)型のカット技法で、涙のしずくの形にも似ていることから「ティアドロップ」という名前も持っています。指輪よりもむしろペンダントなどによく使われるデザインです。

  • マーキースシェイプ
  • ポンパドール公爵夫人(マーキース=侯爵)にちなんで名付けられたと言われるたルイ15世の時代からあるクラシカルなカットです。ダイヤを大きく見せられるというメリットがあります。